Here is the preview url to copy
+

https://www.fivesgroup.com/jp/preview
Skip to main content

ファイナンス

 

 誰が産業についてのステレオタイプな考えをひっくり返しているのだろう?  

 

 

持続可能な実績 多様でアジャイルなグループ 最先端ソリューション 

 

200年以上にわたり、4つの産業革命を通じて、フィブは市場のリーダーとしての地位を確立する革新的な産業ソリューションを提供するために自らを改革してきました。

 

当グループの長期的な成長と回復力は、活動ポートフォリオと地理的な多様性、分散型のアジャイル企業モデルに根ざしており、市場とお客様の近くで活動しています。

持続可能な実績のために

 

フィブは将来を見据えて長期的な成長と収益性を実現し、すべての関係者に利益をもたらすことを目指します。

受注高 (百万€)

 

売上高 (百万€)

 

EBITDA (百万€)

 

 

高い多様性、アジリティの源

 

フィブグループの活動ポートフォリオにおける市場の多様性は、「高精度機械、プロセステクノロジー、スマートオートメーションソリューション」の3つの主な活動、グループ向けの補完的なソフトウェアオファーを開発するための全社的な活動、専門知識や高付加価値のあるデジタルサービスにあります。

この多様性により、フィブは市場サイクルの影響を減らすことができ、グループの回復力を強くしています。この良好なバランスは、次の2点に起因しています。

  • 物流から航空宇宙、エネルギー、鉄鋼、セメントなどグループが提供する最終市場の多様性
  • 研究開発への多額の投資により開発の進む様々なテクノロジー

活動ごとの受注高

 

17%
高精度機器

 

 

30%
プロセステクノロジー

 

 

42%
スマートオートメーションソリューション

 

 

11%
その他

 

 

地域に根差し世界で活動するグループ

フィブは主にヨーロッパ、南北アメリカ、アジアの3つの主要経済圏で事業を展開し、世界中のあらゆる場所でサービスを提供しています。

 

30か国に従業員がいるフィブは、各地で存在感を発揮して、ほぼすべての最終市場に参入することができ、お客様との緊密な関係を高めています。

 

世界のフィブ

 

最先端ソリューションに基づく戦略

 

バリューチェーン全体のカスタマーサポートに向けた、グローバルな広がりとテーラーメイドの良さを併せ持つ。

30ヵ所の研究開発テストセンターで、フィブは、性能、品質、環境への影響の観点から、常に産業メーカーのニーズを先取りしています。当グループは、デジタルモニタリング、コンピューターシュミレーション、AI、機械学習、予防保全、新素材、積層造形などを統合する新しいソリューションをメーカー各社に提供しています。

ですが、フィブのイノベーションは、会社が市場に投入する新しい機器に関して、たやすく比べることはできません。イノベーションは、常識的な使い方を超えて、現在のツールの新しい用途の開発や、そのアップグレードを担当するチームの能力が重要になってきます。

 

フィブの研究開発戦略は、特にアジャイルな考え方と3つの開発分野に根ざしています。

 

  • オープンイノベーションは、最高のイノベーションであり、グループが社内でテクノロジーに投資しないと選択した場合に、エコシステムと共有されている研究開発プログラムの恩恵を享受します。
  • グローバルな設計者かつインテグレーターオファー:フィブは、特別な産業エンジニアリンググループであるため、機器設計とそれが生み出す産業プロセス両面での2層の専門知識を備えています。このようにして、フィブは、設計から製造、開発の各段階まで一貫した機器とそのプロセスのすべてのパフォーマンスレベルを統合する生産システムの全体的なビジョンを持って工場を理解することができます。
  • 拡張性のあるクライアント戦略:フィブのお客様へのアプローチはアジャイルで協調的であり、納期を短縮して制約に適応しながら、市場のニーズに適したソリューションを提供します。