Here is the preview url to copy
+

https://www.fivesgroup.com/jp/preview
Skip to main content

 

フィブとミシュランの
ジョイントベンチャーADDUP、
金属積層造形でフランスを牽引

 

金属積層造形を専門とするAddUpチームは、各産業部門の特性を考慮に入れてお客様をサポートします。   AddUpでは次のサービスを提供しています。

  • 3Dプリンターの設計製造、自動化工場
  • すべてのHSE(健康、安全、環境)問題を考慮したモジュール式モバイル工場ソリューション
  • 部品の再設計から概念実証(PoC)のプリンティング、短期間の実行まで、クライアントの製品の工業化をサポートするトレーニングとコンサルティングサービス
  • アプリケーション:精密部品製造、部品修理、機能の追加など

 

ADDUPウェブサイトへ

 

ADDUP
エコシステム

 

構造化産業

 

$110億

過去2年間で、3Dプリンティング市場の金属分野は文字通り発進しました。Smartech Analysisは、メタルパウダーを使用した積層造形市場の2019年レポートで、2018年に33億ドルだった市場収益(機械、設備、サービス)が2024年には110億ドルに膨れ上がると予測しています。

 

2021

デロイト監査コンサルティンググループは、技術・メディア・通信の年次予測レポートで、金属素材を使用した積層造形の市場は、2020年または2021年までに プラスチック製品を上回る可能性があると述べています。

 

+ 20%

2018年、SmartTech Markets Publishingは、3Dメタルプリンティングに使用される機器の数が2016年から2017年にかけて80%増加し、この市場の収益は、2016年の9.5億ドルから2017年には20%上昇し、11.5億ドルに達したと推定しました。

 

75%

航空宇宙は3Dプリンティングを一番多く使用する産業であり、その上昇曲線を維持しています。米国の調査会社Gartnerの予測では、2021年までに新しい民間航空機と軍用機の75%に3Dプリント部品が搭載されます。航空宇宙産業は積層造形の長年のユーザーで、2016年には既に市場の18.2%を占めていました。