Fives&バーチャル試運転

Virtual commisionning-FIVES

Fivesは、バーチャル試運転を実現する運用シミュレーションを使い、自動化された産業生産ラインを統合するリーダーとしての地位を確立しています。

Fivesの自動化チームは、エンジニアリングプロセスに仮想3Dモデルを使うことを組み込みました。この仮想モデルは、Fivesと子会社Fivesシネティック社が開発したソリューションの動作を、機能レベルと動作レベルで忠実に再現します。

バーチャル試運転は、PLCプログラムの作成、起動時間の最適化、工場での出荷前検査向け設置部品の制限や除去、現場のチーム単位での時間短縮、プロジェクトの一般的な計画の請負、より競争力のあるオファーなどに使われます。

当初、家具業界でプログラミングと自動化の始動期間を早めるために開発されたエミュレーションは、その効率性が証明され、現在、Fives自動化チームの複雑なプロジェクトに使用されています。

Photo STEPHAN Olivier  ID 3-FIVES

「家具業界のプロジェクトは難しく、要求される内容も厳しいものですが、間違いなく私たちにプロセスと仕事のやり方の改善を促してくれました。まだほんの始まりにすぎませんが、設備始動用シミュレーションモデルは、未来の工場へ向かう確実で重要なステップです。」

STEPHAN Olivier

Fivesシネティック(仏)産業計算チーム