Five、スマート鉄鋼のためのスマート製造

鉄鋼メーカー各社は、日頃から生産プロセスの効率向上に目を向け、より洗練されたデジタル技術を活用してオペレーションをスリム化しています。スチール・タイムズ・インターナショナル誌が主催するこのフォーラムでは、170社を超える主要鉄鋼メーカー、研究・学術機関、技術プロバイダーが一堂に会し、今最も注目されているテーマの1つ、すなわちスマート製造について意見を交わしました。専門家は、圧延およびコーティングプロセスではインダストリー4.0の変革に続く最大の変化が見られると予測しています。 

[Translate to Japanese:] Fives and Marcegaglia presentation at Future Steel Forum

Fives鉄鋼部門副社長Kristiaan Van Teutemと伊鉄鋼メーカーマルチェガリア社研究開発マネージャーAlessandro Ferraiuoloは、スマート製造のコンセプトである「製鋼におけるプロセス制御、トレーサビリティ、品質向上の最新デジタルシステム」について共同で発表しました。

スマート製造ラインは機械部品や熱部品の数理モデルを伴い、そのコンセプトは、特に自動車鋼材の生産コスト最適化、品質トレーサビリティ向上、生産歩留まり向上の実現です。連続亜鉛メッキライン(CGL)では、プロセス品質ウォッチドッグである社内ソフトウェアEyeron™を用いたマスターモデルが、炉、亜鉛浴、ワイピングシステム、スキンパスミルの間の数理モデルのやり取りを調整します。プロセス間で最高の総合的な結果を調整し、プロセス領域ごとにフィードバック命令を出します。均一的な引張強度および冶金的性質が問題となっています。

Fivesは、生産制御管理用ソフトウェアツールOTOだけでなく、柔軟性の高いモジュラー製造実行システムOTOMESも推進しました。

このグループは、Fives主催の公式ネットワーキングディナーで過去4回の産業革命での業績を共有しました。