中国の近代化された工場のための環境に優しいFivesの炉

Fivesは次のサーマルパーツ一式の設計、製造、供給を委託されています:

  • CGL 1号機 – 年間容量44万トン (HSS及びその他車載用グレード)
  • CGL 2号機 – 年間容量50万トン (外板パネル及びその他車載用グレード)

HBIS楽亭は、本生産ラインに最適な熱技術を選択し、環境への影響を最小限に抑えた最高の製品品質を確保しました。両ラインには、AdvanTek®燃焼システムとFlashCooling®システムを搭載したSteinDigiflex®垂直炉といったFivesの技術が搭載されています。

複雑な熱サイクルと要求の厳しいアプリケーション向けに特別に設計されたStein Digiflex®は、FivesのEngineered Sustainability®ブランドの一部を成しており、お客様に安心いただける設備のオペレーショナル・エクセレンスと究極の環境性能を備えています。Fivesが特許を有するAdvanTek®燃焼システムは、燃料ガスの消費量とNOx排出量を削減するために最適な技術です。

FlashCooling®ソリューションは、要求の厳しい高強度鋼向けに設計されています。これは、炉内の均一な温度分布と組み合わさった高冷却速度が、高冷却段階で完全なストリップ平坦性を維持し、本ソリューションが、自動車メーカーの要件に準拠する鍵を握っています。

サーマルセクションの大部分は現地で製造され、Fives上海が管理し、炉と冷却システムの重要部品は欧州から出荷されます。どちらの生産ラインも、2020年までにコイルの初生産を目指しています。