ザルツギッター・マンネスマン社とのストレートナ契約

Fives Salzgitter-FIVES

鉄鋼:Fives、仏チューブ製造業者とストレートナの再契約締結

ザルツギッター・マンネスマン・ステンレス・チューブ社(仏)は、シームレスステンレス鋼とニッケルを基盤とした合金チューブ・パイプを扱う世界有数のメーカーです。補助的な電気と水圧制御システムを備えたブロンクス6ロールストレートナ6.CR9.Sの設計、製造および供給をFivesに再び発注しました。

ザルツギッター社は、半年前Fivesにブロンクス6ロールストレートナ6CR10-HDを発注しました。これは最大直径280mm、最大壁厚50mmの高性能ステンレス鋼管の加工用機器で、このような厚みのあるチューブを加工する際に伴う重い負荷に耐え得るように、本機器は敷地が限られている既存の工場レイアウトに統合されます。

両機器は、イギリスのFives工場で完全な検査を経て、夏の操業停止期間に設置されます。この工場では75年以上にわたってチューブ、パイプ、バー、プロファイル生産用の矯正製品を製造しています。

Fivesブロンクス社マネージングディレクターJon Dunnは、「1年以上前から、お客様とFivesグループとでビジネス関係を発展させてきました。この素晴らしい関係が、2回目の契約に結びつきました。最初の製品を納入する前にお客様に次の機器を購入しようという自信を持って頂けることは、プロジェクトに携わるすべての人にとって名誉なことです。」と話しています。