サンデン、フィブ・フィリング・シーリング社に委託

一連のコンプレッサーテストベンチのコンプライアンスを持つフィブ・フィリング・シーリング社

サンデンホールディングス株式会社は、自動車業界向け空調コンプレッサーを供給する日本のリーディンググループです。

仏ティテニアックにあるサンデン・マニュファクチャリング・ヨーロッパ(SME)社の技術センターは、新冷媒HFO-R1234yfを統合するため、一連のコンプレッサーテストベンチのコンプライアンスをフィブ・フィリング・シーリング社に委託しています。

この冷媒はやや引火性がありますが、2017年1月1日以降に欧州で販売されたすべての新車に搭載され、サンデン社はコンプレッサーの耐久性を評価する手段の強化が重要でした。

初回のテストベンチが2010年に修正されて以降、Fivesがこの作業を実施したのは初めてではありません。当時は、熱量とノイズを測定するベンチでした。FivesのHFOに関する専門知識とATEX指令の習得が、この作業の円滑な技術的進歩を保証しました。また、SME社とFivesチームとの良好な調整と最適な計画管理により、同社のテストプログラムを中断せずに上記変更ができました。

ベンチ特性:

  • コンプレッサー室: 1.6 m3
  • 蒸発室: 2.5 m3
  • コンデンサ室: 8.1 m3

安定した爆発環境の形成続行を予防しHFOを検出する主な変更点:

  • 常設室の換気追加
  • 酸素制御による不活性窒素添加
  • HFO検出および抽出システムの追加
  • オペレーターの安全性の強化

作業は予定通りに完了し、すぐにサンデン社が検証しました。