アクロミル社、チタン・アンド・ギディングズ&ルイス向けシンシナティWRプロファイラの法人展開を開始

Acromil 8176 RT V2-FIVES

航空宇宙産業のサプライヤーがFivesと協同でチタン切断を進めています

ケンタッキー州ヘブロン:アクロミル・コーポレーションは、航空宇宙産業と防衛産業向け複合構成部品と組立部品を扱う大手サプライヤーです。2017年11月第二拡張工事開始の際、2台の最新式シンシナティ・ワイドレンジ・チタン・プロファイラとギディング&ルイス横型ボーリングミルをFivesに発注しました。

アクロミル社とFivesは、最も生産性の高いチタン切断機の開発を目指し、最新式5軸金属除去技術を用いて世界一流の硬質金属製造センターの設立にも共に取り組んでいます。新シンシナティWRプロファイラ版は、チタンやステンレスといった機械加工が難しい材料に最適化されています。 

アクロミル社エグゼクティブ・バイス・プレジデントEd Hatcherは、次のように述べています。「単一部品や組立部品の顧客ニーズをサポートする第一次サプライヤーとなるための弊社の発展を第一のゴールとすることで、当社の拡張が防衛と航空宇宙産業へのコミットメントを示しています。当社は、Fivesグループとの協同により、航空宇宙製造業社のチタン加工へのアプローチが変わると考えています」